トップページ
2000年3月16日
高木敏雄HomePage

東寺五重塔三十分の一小塔の製作にあたって

高木敏雄

 東寺の弘法さんとして古来より庶民に崇拝され、親しまれている洛南の教王護国寺(京都市南区九条町)は、桓武天皇による平安遷都(794年)によって羅生門の東西に寺院が建立されたが西寺の方はのち消滅し、現在東寺境内東南隅に本邦最大、最高の偉容を誇る国宝東寺五重塔は、天長三年(826)空海による創建以来度重なる落雷による焼亡の都度不死鳥のごとく甦ったが、寛永十二年(1635)またもや焼失したため同十六年江戸幕府三代将軍家光が明正天皇の詔を奉じ、自らが大檀那となって再興に着手、同二十年(1643)完成したもので、現存する五重塔は五度目の重建によるものである。



五重塔造営技術機構

 関ヶ原戦(1600)で勝利を得た家康は、慶長八年(1603)将軍宣下を得て江戸幕府を開くが、その根拠たる江戸では家康三河在住時代の三州六人衆を中核とした建築技術集団を江戸に移住させ、これら組織の中からのち江戸大工頭として木原、鈴木方が台頭してくる。
 これに対して上方では工匠技術の高度であった五畿内、近江六ヶ国の大工以下諸職人を、家康に最も信任厚かった法隆寺西里村出身の中井藤右衛門(のち大和守正清)が京都大工頭として六ヶ国諸職人の頂点に君臨した。
 以来、豊臣氏滅亡以前の各地の築城他の建築ブーム、大坂(阪)両度の陣による軍役としての活躍、次いで元和二年(1616)家康薨去に伴い雨後の筍の如く造営された各地霊廟の建築で沸き返ったが、東寺五重塔の再興が決定した寛永十六年(1639)ともなると、京都御所の造営を除いては、これらの天下普請も落着し、幕府の体制下に行なわれた建設工事も極端に減少して既存建物の保存修理に重点が移ると寛永九年(1632)従来の「作事方」に代って修理専門担当の「小普請方」が登場する。この組織は小回りが利くこともあって作事方を圧倒するに至り、次第に建築の合理性を求める時代ともなっていった。
 一方、当時は積算技術も発達し、当然本塔の再興にも入札(当時はいれふだ)が採用され、世間入札と称する一般よりの参加も許されたが、結局は入札諸資料を作成した中井家直属棟梁今奥和泉が手間請けし、増援として中井家や京都の大工、寺院専属と考えられる東寺大工に加へ、江州大工組として私の祖高木作右衛門光喜、同高島郡在住の伊右衛門両名が組の配下を連れて参加した。この事実は今奥棟梁以下他の大工が個人で賃金を受領しているのに対し、作右衛門は同じ就労期間なのに十五倍近い賃金を支給されているので多人数で参加したことが判明する。

「東寺塔御造営大工作料渡判帳」京都総合資料館蔵による。
東寺五重小塔作成の動機

 かく申す私は幸か不幸か、昭和二年近江八幡市大工町で宮大工十三代目を継承する親父の嫡男として呱呱の声をあげ、幼年時代に親父の洗脳に嵌まったのか、運命の悪戯か、長ずるに及んで有無をいわさず十四代目を継ぐ羽目となってしまった。親父は私にバトンタッチして安心したのか、無責任にも四十二歳で足早にこの世を去ってしまった。私二十歳の時のことで、仕事場では文句より先に拳骨がとんでくる暴力親父でも急に師匠を失った悲しみと、大きな途惑いがあったが、反面これで殴られなくなるという安堵感もあった。

 昭和二十六年、戦時中より中断していた文化財修理が復活し、当時の監督技師の方々は宮大工を経験した方が多く、また亡父との面識もあって懇切に指導をして戴いた。以来社寺建築を勉強してゆく過程で、一般建築の直線的な軒に対して社寺はあたかも鳥が翼を広げたような軽快な隅部分の軒反りに興味を持ち、またあの高険な塔が何故地震で倒壊しないかに魅了され、頻繁に先祖作の東寺塔の下に佇み、上を仰ぎ見て圧倒される感動を覚え、その往、帰路に塔を遠望するときは後ろ髪が逆立ち、先祖が塔の上から叱咤しているような異様な刺激を受けた。

 以来、塔の虜となった私は、昭和二十八年から当塔の模型に着手したが、夜の余暇だけではさしたる成果もあがらず、立面図一枚では細部も知り得ず、結果は観光地の土産物店にあるような単なる模型に終わり、私の目指す可能な限り部材寸法も精密で、何千本と並ぶ垂木数、斗の数、格子の数まで現物と一致した小塔には程遠いものに終わった。

 昭和三十三年、国宝石山寺本堂修理の途上、東寺塔が修理される事を知り、事務所にお願いして大工の末席に加えて頂き、この千載一遇の機会に休憩時間に実測し、また私に協力して下さった棟梁が内緒で見せて下さった実測資料を筆写させて頂くことができた。

 平成五年着手した彦根城内、長屋門の解体修理完成を期に馬齢を重ねた事もあって職を退き、近年では文化財修理報告書が公開されていることから当塔のコピーをし、今度はたっぷりした時間を得て、同八年より小塔に着手、同十一年八月、発意より四十五年目でその駄作が完成した。

 昨年八月完成したのち、古希も過ぎ去った現在残る持時間も少なく、今度は洛東清水寺三重塔小塔に着手、現在三十パーセント進行したところである。
塔の不倒神話と私の今後の計画

 塔は地震に強く本邦最古の法隆寺五重塔以来地震で倒壊した試しのないことは、専門的に研究を重ねておられる先生方が発表されている。一方、法隆寺の名匠、故西岡棟梁が同寺の金堂修理のとき地震があり飛び出して同五重塔を眺めると、各重が蛇行型に揺れたと本に書いておられた。事実、関東大震災のとき最も激震のど真ん中にあった浅草寺塔、大森の本門寺塔、幸田さんの小説のモデルになった谷中の塔、寛永寺塔、増上寺塔、少し離れた千葉県の法華経寺の塔は何れも健在であったと当時東京で修行中であった親父から聞かされた。先年の神戸の震災でも木造の塔が健在なのに、最近建てられたコンクリート製の塔に亀裂が入ったこと等、何れも事実が立証してくれている。

 江戸時代に再建された日光東照宮の塔(1818)前述の谷中の塔(1792)などは真柱の底部を十センチ程切上げ、上から鎖で吊り下げ、塔に振動を与えぬよう「はじき竹」が取付けられ、真柱自体が分銅状となって足元がゴトゴト動くので、明治頃これは地震対策かと考えられたこともあったらしいが、のちの研究でこの対策は他に目的があったと故近藤先生が著述しておられる。

 在職中によく質問されたのは、「塔の内部はどうなっているのか」「何故倒れないのか」「隅木や梏木の尻は全部真柱に突き指してあるのか」 等々、これらに対してたどたどしい訥弁で説明してきたが、今後も熱心な後進の諸兄のために特に内部構造を重点とした小塔を遺したいと考えている。そのため第二作、第三作と相次いで作るばかりでは経済的なこともあり、次、次と放つ矢が続くよう何卒このような駄作でも御趣味のある方々、お買上げ下されば誠に幸甚に存ずる次第です。
寸法

1.初重柱間 31.6糎(cm)
2.基壇一辺 60.0
3.同上高さ 4.1
4.塔高さ 182.8(基檀高を含まず)
使用木材

尾州桧(最上木曽桧)

屋根 同上材(本瓦葺)
相輪 同上材
重量 36キログラム
その他 移動の便を考え五分解可能
制作期間 自 平成8年5月7日
至 平成11年8月13日
             (通算三年四ヶ月)